通信販売(通販)

通信販売(通販)とは

通信販売(通販)とは、店舗を構えずにメディアを通して商品を紹介し、消費者から電話等の通信手段で注文を受けて商品を販売する方法です。ネットショップを設け、Webサイトを介して販売する形態が、現在の通信販売の主流となっています。通信販売には実店舗での販売業務にはないメリットが多く、近年、通信販売による業務形態をとる企業が増加しています。

通信販売(通販)

定義

通信販売(通販)の定義は、電話やインターネット、郵便等の通信手段を利用して受注する販売形態です。 つまり、販売する人が直接消費者のもとに訪問することは、通信販売とはいいません。 通信販売といえば、ラジオショッピングやテレビショッピングなどがよく知られています。 現在も、24時間通販番組を放送しているテレビ局があり、マスメディアを利用した通信販売は大きな売上をもたらしています。 加えて、21世紀に入ると、楽天市場やAmazonに代表されるインターネットを介した通信販売がシェアを広げてきました。

ネットショッピングとは
ネットショッピングとは、インターネットを利用した通信販売のことです。また、それを利用して買い物をすることも含みます。ネットショッピング、インターネットショッピング、ネット通販などと呼ばれることもあります。 一般的なインターネットショッピングでは、Webサイトに商品情報を掲載し、サイト内で受注から決済(支払い)まで一連の購入手続きを行うことができるようになっています。 商品は通信販売と同様、宅配業者によって商品を配送する方式が多く取られます。 決済方法はクレジットカードを使った引き落としが一般的といえますが、代金引き換え(代引き)、銀行口座への振り込み、コンビニエンスストア店頭の端末で支払いを行うコンビニ決済、電子マネーを使用した決済などの方法が利用できる場合も多いです。 インターネットショッピングを提供するWebサイトは「オンラインショップ」などと通称されています。 オンラインショップの大手サービスの例としては「Amazon.com」や「楽天市場」などを挙げることができます。 楽天市場は複数の販売業者の集合体として、いわば各店舗が「楽天市場」のWebサイト上に出店するという形で運営されています。 こうした形式のオンラインショップは「サイバーモール」(電子商店街)と呼ばれることもあります。

ネットショッピングとは